現代社会で生きるための術を学ぼう|いま注目されるnlpとは

ウーマン

世界で活用される心理療法

相談

コミュニケーションが上達する

nlpはアメリカの大学で開発された心理療法の1つで、欧米を中心に世界各国で利用されているものです。スポーツの世界や医療のほか、教育関連でもnlpを活用されるところは多いです。コミュニケーションの向上効果や、仕事での結果向上を引き出すことができるため、多くの人が関心を持ってるのです。現代ではコミュニケーション不足とも言われている世の中でもあり、いざ人とかかわるようなことをしてもなかなか上手くいかず悩む人は意外と多くいるものです。そのような人にnlpは利用価値があるかもしれません。心理療法ということだけあって、カウンセラーやセラピストに協力してもらわなければならないのではと思う人もいるかもしれません。しかし、簡単なテクニックでは関連の本を読み学んだりするなど自分で習得することは可能です。

自分でできるテクニック

自分でできるnlpのテクニック方法ではどのようなものがあるのか、まずはミラーリングというものです。話をしている相手の態度を見て、まるで鏡を見ているかのように自分も相手と同じ態度をすることです。たとえば相手がひじをついて話しているのであれば自分もひじをつき、相手が足を組めば自分も足を組むようなしぐさです。同じ態度を取ることで、話をしている相手は無意識に心を許してくれていると認識することがあるのです。そのほかのテクニックではベーシングというものです。人間は話をするときに会話のリズムを合わせたり声の大きさを合わせたり音程の高低を合わせたりすることで相手が安心感を抱くようになることがあります。ほかにも自分でできる方法はいろいろとあり、さりげなく相手の話にそのテクニックを行なうことでコミュニケーションが上手くいくようになるのです。